【ブランディング基礎2】ブランド力とは(前編)

2019.08.31

こんにちは。

アートディレクターの山口崇多です。

前回に引き続き、ブランディングの基礎について、お話しします。

今回のテーマ 「ブランド力」

○○力という言葉はたくさんあります。
記憶力だとか、想像力とか…。
これらについては皆さまご存知の通り、○○する能力のことを指します。

しかし「ブランド」と「力」が合わさると、途端に難しくなります。
ブランドする能力??と言われても何のことだかさっぱりわかりませんよね。

今回は、「ブランド力」とはいったい何か? について迫っていこうと思います。

ここに喉がカラカラに渇いたAさんとBさんがいるとしましょう。

Aさんは、喉が渇いているものの、飲みたいものが浮かんできていません。
とりあえず、家から一番近いコンビニで探してみることにしました。
沢山ならんでいる清涼飲料水のコーナーで立ち止まります。 ブランドイメージ ブランディング

棚の上から下まで目をやりながら、こんなことを考えます

「今日は暑いから、さっぱりとしたものがいいかなあ」
「甘みが少なそうな炭酸・・・」
「うーん、新発売なのかな。まあカロリーも低いし試してみようか!」

色々と悩んだ末、Aさんはやっと飲み物を手にすることができました。
購入まで、3分くらいは悩んだのではないでしょうか。

Bさんはどうでしょう。
Bさんも同じく喉が渇いていました。
喉が渇いたなあと感じた瞬間、シュワシュワとした泡が弾けるイメージが浮かんできます。

「コーラが飲みたいなあ」

そう思ったBさんはすぐに近くにあるコンビニに向かいました。
ブランドイメージ ブランディング そして、迷うことなくコーラを手に取りました。
購入まで、とてもスムーズですよね。

ブランド力と売り上げアップの関係性については、
また今後の記事で詳しく説明していきます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

山口崇多

このエントリーをはてなブックマークに追加